1. TOP
  2. オーガニック・ 無添加・ 自然派コスメの違いとは?

オーガニック・ 無添加・ 自然派コスメの違いとは?


オーガニック・無添加・自然派コスメと聞くと、なんとなく安全で肌に優しい成分で安心して使えるイメージがあるのではないでしょうか。

特にトラブルが多い乾燥肌さんの場合は「オーガニックコスメ」と聞くだけで気になりますよね。

ただオーガニック・無添加・自然派と表示されていてもいったい何が違うのか、本当に安心して使えるものなのか、肌にどんな変化があるのか、実際のところよく分からないという人も多いかもしれません。

今回はぜひ知っておきたいオーガニック・無添加・自然派コスメの違いについてお話しします。

 

Sponsored Link

オーガニックコスメって基準は何?

 

無農薬・化学肥料を使用しない有機栽培で育てられた原料が配合された化粧品を「オーガニックコスメ」と呼んでいます。

 

ヨーロッパなどの海外では、オーガニックに対する認定制度が充実していて、いくつもの認証機関があり厳しい基準をクリアした製品を「オーガニックコスメ」として認定しています。

 

ただしオーガニック認証を受けた製品であっても、認証機関によって定められている基準に違いがあり、石油由来の合成成分が入っているものもあります。

つまり「オーガニック認証コスメ=100%オーガニックではないこともある」ということです。

 

世界の主な6つのオーガニック認証

 

オーガニックコスメに対して認証団体が明確な基準を設け、その基準をクリアした製品には以下のような認定マークが与えられます。

 

 

1・ECOCERT(エコサート)

ヨーロッパを中心に世界50か国以上で認証を行っている世界最大規模の有機認定機関です。

 

2・COSMEBIO(コスメビオ)

エコサートが定める基準の中で、オーガニックコスメについての基準を定めた機関です。 とても厳しい基準を定め信頼性も高く、製品の安全性は高いといえるでしょう。

コスメビオなどの化粧品部門ではとても厳しい基準が設けられています。コスメビオの基準に基づきオーガニックコスメと認定されるには、加工後の完成品に含まれる原料が95パーセント以上自然原料であること、残りの原料が指定以外の化学原料でないこと、商品の原料の10パーセント以上がオーガニックであること。 植物原料は95パーセント以上オーガニックであること、イオン化処理の禁止、化学香料は禁止などの細かい基準が設けられています。ORGANICSHAMPOO.JP

 

3・USDA

アメリカのオーガニック認証基準で、日本の有機JASと同等の基準であるとされています。

 

 

4・ACO

オーストラリア最大のオーガニック認証機関で審査基準が厳しいことでも知られています。

5・BDIH

世界の19のメーカーが集まりドイツでコントロールナチュラル・コスメティックというナチュラル化粧品のガイドラインが作られました。 有名なブランドに「ロゴナ」などがあります。

 

 

 

 6・NaTrue(ネイトゥルー)

BDIHのガイドラインを基にして、不足していた基準を追加されて定められたナチュラルオーガニックコスメに関するガイドラインです。

オーガニック成分が配合されている割合によって★マークで分類されているという特徴もあります。

有名なコスメではWELEDA(ヴェレダ)やクナイプ、Drハウシュカなど。

日本のオーガニックコスメは安心して使える?

 

 

日本ではオーガニックコスメに対して明確な基準が少なく、オーガニック成分がわずかでも配合されているだけで「オーガニックコスメ」と表示することができます。

そのためオーガニックと書かれた商品でも、実は化学成分がたっぷり使われていることも少なくありません。

もちろん日本で認証されていないメーカーであっても、原料に徹底的にこだわり海外の認証を受けたものと同じくらいの品質で作られたオーガニックコスメも存在します。

 

日本のメーカーでオーガニックコスメを選ぶときにはどんなコンセプトで作られているものなのか、どのような成分が入っているのかをよく確認したうえで選ぶようにしましょう。

 

無添加コスメとは?

 

化粧品のパッケージに「無添加」と表示されていると化学成分は一切使われていないようなイメージがありますが、石油由来の化学成分が入っていないという意味ではありません。

旧厚生省は1980年にアレルギーなどの危険性がある102種類の成分を「表示指定成分」としました。

無添加化粧品とは、この「表示指定成分」が配合されていないコスメのことを意味します。
「無添加」の表示にははっきりとした基準が定まってないので、防腐剤が含まれていないものや、香料が含まれていないだけで「無添加」と表示することができます。

たとえば「パラペン」は表示指定成分の1つですが、パラペンが入っていないだけで「無添加化粧品」と表示することもできるのです。

自然派コスメとは

 

「自然派コスメ」は、自然由来の植物エキスが配合された化粧品のことをいいます。

自然派コスメにも日本でははっきりとした基準や定義がなく、各化粧品メーカーによって表示の基準が大きく違います。つまり、植物由来の成分やオーガニック成分がわずかでも配合されているだけで「自然派コスメ」「オーガニックコスメ」と表示することができるということです。

オーガニック・ 無添加・ 自然派コスメを選ぶときの4つのポイント

 

 

 

オーガニックコスメや自然派化粧品を選ぶとき、いったい何を基準にしてオーガニックコスメをえらべばいいのかポイントをあげてみました。

成分表示をかならず確認する

化粧品を選ぶときの大切なポイントとして、必ず配合されている成分をチェックするということ。

化粧品のパッケージや箱の裏に記載されている成分は配合量の多い順番で記載しなければいけないというルールがあります。

オーガニックとされる化粧品でも、オーガニック成分が少なければ成分表示の後半の方に表示されます。

購入の前には成分表を確認していく習慣をつけていきましょう。

 

 

自分の肌に合わない成分は避ける

 

 

アルコールや鉱物油など自分の肌に合わない成分が分かっている場合は、その成分が入っているものを避けましょう。オーガニックコスメに入っている自然成分であっても、合わない食べ物があるようにアレルギー反応を起こしたりすることもあります。

初めて使う化粧品はいきなり顔に使用せず、腕の内側でパッチテストで確認すると安心です。

自分の肌質を知る

 

同じ商品でも合う、合わないは人それぞれ違います。

普通肌・乾燥肌・脂性肌・敏感肌・混合肌など自分の肌質によって選んであげたい成分も変わってきます。

乾燥肌であれば保湿成分の高いものや、乾燥をまねくアルコール成分が入っていないものなどをチョイスしたり、同じ肌質で商品を購入した人の口コミを見てみたりして、どんな成分が自分の肌にしっくりくるのかアンテナをはっておきましょう。

お試しセットやサンプルも活用

 

お試しサイズのものや、サンプルがある場合、気になった商品を試して使用感を確認すると安心です。

トライアルやサンプルで自分の肌に合うと実感できるものを選びましょう。

ただし1回だけ使用しただけではなかなか実感することは難しいと思います。

できれば1週間くらいは試してから本品を購入するのがおすすめです。

おわりに

 

いかがでしたか?

 

オーガニック・無添加・自然派という言葉だけで判断するのではなく、自分の肌質を知り、よく成分をチェックして選んでいくことが、自分の肌に合った化粧品を早く見つけられるコツです。

その時の肌の状態によっても選ぶ成分は変わってくるので、自分の肌の状態をみながら選んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

宮崎ちはる

宮崎ちはる

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【オーガスト・ハーゲスハイマー博士に学ぶ食事と美しさの関係】オーガニックランチョンセミナーに参加してきました

  • 首の湿疹やアトピーの炎症にステロイド以外の市販薬と低刺激の保湿剤

  • 頭皮や肌に優しいアミノ酸シャンプーuruotte(うるおって)をお試し中

  • クレンジングの乾燥に!「24hコスメのナチュラルソープ&クレンジング」

この記事も人気です^^

  • 【本当に石鹸だけで落とせる?】ノンケミカル UV下地7種の使用感を比較

  • マルラオイルの効能って?販売者さんにおすすめの使い方を聞きました

  • シャワーの塩素除去ができるおすすめのシャワーヘッド!アロマセンス

  • 首の湿疹やアトピーの炎症にステロイド以外の市販薬と低刺激の保湿剤

  • 凄い!頭皮ケアで顔のたるみやしわが改善!若返り頭皮を作る8つの方法

  • 【オーガスト・ハーゲスハイマー博士に学ぶ食事と美しさの関係】オーガニックランチョンセミナーに参加してきました