1. TOP
  2. 乾燥肌のクレンジングの選び方と顔のうるおいをキープする3つの法則

乾燥肌のクレンジングの選び方と顔のうるおいをキープする3つの法則

「クレンジングした後に肌がつっぱって乾燥しちゃう・・・」

もしかしてあなたも悩んでますか?

スキンケアの大切な要素は以下の3つです。

  1. 汚れを落とす
  2. 肌に潤いを与える
  3. 潤いを肌に閉じ込める

 

この中でも肌の汚れを落とすクレンジングや洗顔は、スキンケアの中でも最も重要視していかなければならないケアです。

 

クレンジングの目的は、メイクや肌の汚れを落とし皮脂の酸化や雑菌の繁殖を抑えて清潔を保つためにとても大切です。

その一方で成分や肌への摩擦で「肌へのダメージ」が急激に加速して余計に乾燥がひどくなってしまう原因の一つでもあります。

クレンジングはそのあとのスキンケアやメイクにも大きな差が出てくるところなのでしっかりと押さえておきたいですよね。

そのために乾燥肌さんはたくさんあるクレンジングの中から何をポイントに選ぶべきかまとめました。

 

Sponsored Link

乾燥肌のクレンジングにおすすめの3タイプ

乾燥肌で肌トラブルが起こりがちな乾燥肌さんには次の3つのタイプが肌に負担がかかりにくくおすすめです。

 

  1.  クレンジングミルク
  2. クレンジングジェル
  3. クレンジングクリーム

とはいえ、クレンジングは「きちんとメイクを落とすことができるか」がとても大切です。いくら肌に優しくてもメイク成分が残っていてはクレンジングの意味がありませんよね。

 

バッチリメイクやウォータープルーフや合成ポリマー、シリコーン成分の化粧品だときれいに落とすためにはどうしても強い洗浄力が必要になってきます。

 

落ちにくいメイクに洗浄力の弱いクレンジングを使っても、肌には化粧成分や余分な皮脂がどうしても残ってしまいます。そうすると、残った皮脂が酸化してしまったり、雑菌が繁殖しやすくなり肌トラブルを起こしたり、色素沈着や乾燥が悪化する原因になります。

乾燥肌やトラブルが多い敏感肌の人は、メイク用品とクレンジングは1つのセットで考え、メイク用品も肌に負担が少ないナチュラルなものを選んでいくのがベストといえます。

そのうえでこの3つが乾燥肌にどうしておすすめなのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。

クレンジングミルク

 

クレンジングミルクは水分・油分・界面活性剤がバランス良く配合され、洗浄力が穏やかなのが特徴です。

 

そのため、余分な皮脂を落とさず、メイクや汚れだけを落とすので肌に優しく刺激が少ないので乾燥肌に向いているクレンジングといえます。

デメリットとしては、洗浄力が弱めなので、しっかりメイクや、マスカラや口紅などは落とすことはできません。またなじむまで時間がかかるので、こすりすぎに注意が必要です。

 

 

クレンジングジェル(ゲル)

 

洗浄力は入っている成分により変わってきますが、ジェル状なので肌への摩擦を最小限にすることができます。

ジェルタイプの中でもさらにオイルが入っていないもの、入っているもの、油性のものがあります。

オイルフリーのものは比較的洗浄力が弱く、まつエク中にも使用できるというメリットも。

ただし、ジェルタイプでも配合されている成分によっては乾燥しやすくなるので選ぶときは確認することが大切です。

クレンジングクリーム

 

水分よりも油分が多いのが特徴で洗浄力も弱めです。

油分が多くこってりとしているので摩擦刺激を受けづらく、洗浄力が強すぎないため必要以上に皮脂をとりません。

デメリットとしてはメイクになじむまで時間がかかるもの多く、W洗顔が必要なものもあります。

乾燥肌には刺激が強すぎるクレンジングの種類

 

クレンジングの洗浄力の強さは「界面活性剤」の配合量で変わってきます。

当然界面活性剤の配合量が多いものほど汚れを落とす力も強くなる一方で、肌への刺激や負担が大きくなります。

乾燥肌へ肌への負担がかかりやすいクレンジングのタイプとして

  1. クレンジングオイル
  2. クレンジングシート
  3. クレンジングリキッド

などがあります。

 

 

クレンジングオイル

クレンジングオイルの成分は油分を使って、水と油分をなじませるために大量の界面活性剤が使われています。

そのためメイクとのなじみもよくリキッドファンデやウォータープルーフのメイクもよく落とすことができる反面、洗浄力が強く、必要な皮脂まで洗い流してしまいますので、乾燥肌の人にはおすすめしません。

 

クレンジングシート

クレンジングシートはふき取るだけでメイクが落とせて忙しい毎日や外出先にはとっても便利なアイテムですが、肌への摩擦刺激や洗浄成分も強いため肌に大きな負担がかかります。

日常的に使うのは控えたほうがいいでしょう。

クレンジングリキッド

水をベースに作られたクレンジング材ですが、油分を含まない分界面活性剤が多く配合されているために、しっかりメイクも落とすことができます。

ですが、クレンジングオイル同様、乾燥肌には洗浄力が強く必要以上に皮脂をとってしまうので避けたほうがいいでしょう。

乾燥肌にクレンジングの後のw洗顔は不要

 

あなたはクレンジングの後に洗顔をしていますか?

もしそうなら洗いすぎによる乾燥肌を招いているかもしれません。

 

私たちの肌には善玉菌がいてこの善玉菌が肌が自ら潤う天然保湿因子(NMF)を作り出してくれるだけでなく、悪玉菌をやっつける働きをして肌を守ってくれています。

洗顔などによって善玉菌の90%は洗い流されますが、15分で弱酸性の肌になって善玉菌も12時間後には戻ってくるのが正常です。

しかし、過度のクレンジングや洗顔をしてしまうことによって、12時間たっても善玉菌が戻らなくなって、肌を保護してくれるものがない状態になり、バリア機能が破壊され水分は外に蒸発する一方という肌状態になってしまうのです。

朝の洗顔はしなくてOK

前日の夜しっかりとメイクや汚れを落としているのであれば、石鹸や洗顔フォームでの「朝の洗顔」はいらないと思っています。

特に乾燥肌の場合、肌を潤す保湿成分が足りない状態。

肌を守ってくれている皮脂膜を必要以上に洗い流してしまえば、当然バリア機能はもっと低下して乾燥肌になり、肌の老化が急速に進む原因になります。

朝はぬるま湯だけでさっと洗うか、ホットタオルを1~2分間顔に当てるだけで十分です。

「洗いすぎていたかも!」という人は洗顔の回数を減らしてみてくださいね。

これだけで乾燥肌が改善することもあります。

 icon-arrow-right W洗顔不要!クレンジング後の乾燥を防ぐ「24hコスメのナチュラルソープ&クレンジング」

あなたのクレンジング方法合ってますか?

 

せっかくクレンジングをしても汚れが残ったままだと、肌荒れの原因になるだけではなく、そのあとの保湿剤も肌に浸透しません。

また、落とすことだけに着目しても肌に必要なうるおいまでねこそぎとってしまいます。

汚れやメイク成分をしっかり落としながらも、肌に必要な潤いを残していく時の3つのポイントがあります。

  1. 肌を絶対こすらない
  2. クレンジングのトータル時間は最大1分間
  3. 水の温度は32~34度がベスト

 

肌は絶対こすらない

きれいにメイクを落としたいとついゴシゴシ肌をこすると、肌へ強い摩擦がおこり、あっという間に肌のバリア機能は破壊され、必要なうるおい成分も根こそぎ洗い流され乾燥肌はますますひどくなるという悪循環が起こります。

特にマスカラやアイシャドウなど落ちにくいメイクをすることが多い目元の皮膚の薄さはわずか0.5ミリから0.6ミリほどしかなく、ゆで卵の薄皮の厚さです。

さらに強い刺激によって、肌に「守る」働きが生じてメラニン色素を出し、これが蓄積されることでシミや色素沈着の原因になってしまいます。

クレンジングの量が少ないのも、ゴシゴシ洗う原因の一つになるので、そっと撫でてすべるくらいの量を目安に使っていきましょう。

 

クレンジングにかける時間は最大1分間

クレンジングの時間が長いと、界面活性剤や洗浄成分で肌の中のうるおい成分まで洗い流して乾燥を招きます。

クレンジング時にマッサージを行うのもNGです。

あくまでクレンジングは肌の汚れを落とすためだけに使うのが基本です。

長くても1分程度を目安にクレンジングを終えるようにしましょう。

 

水の温度は32度~34度がベスト

例えば、冬にお湯で洗い物をするとすぐに手がガサガサ乾燥しますよね。

それと同じで、お湯の温度が高いと、皮脂や潤い成分はすぐに洗い流されてしまいます。

 

特に乾燥肌の場合熱めのお湯だと乾燥が加速してしまうので、32度から34度くらいのぬるま湯が最適温度です。

とはいえ冷たすぎる水でも洗浄力が低下してクレンジング成分が残る原因にもなるのでクレンジング材を使う場合はぬるま湯で行うようにしましょう。

正しいクレンジングで乾燥をおこさないために

 

スキンケアは「汚れを落とす」ことから始まります。

クレンジング後に肌の乾燥を感じていたなら、この機会にクレンジングややり方も見直すとともに、落ちにくいメイクをナチュラルメイクに変えていくことも検討してみてくださいね。

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

宮崎ちはる

宮崎ちはる

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【オーガスト・ハーゲスハイマー博士に学ぶ食事と美しさの関係】オーガニックランチョンセミナーに参加してきました

  • 首の湿疹やアトピーの炎症にステロイド以外の市販薬と低刺激の保湿剤

  • 頭皮や肌に優しいアミノ酸シャンプーuruotte(うるおって)をお試し中

  • クレンジングの乾燥に!「24hコスメのナチュラルソープ&クレンジング」

この記事も人気です^^

  • 風呂の塩素がかゆみや乾燥を悪化させる原因と7つの対策

  • 凄い!頭皮ケアで顔のたるみやしわが改善!若返り頭皮を作る8つの方法

  • セラミドの種類と違いが分かりにくい!乾燥肌を改善する成分は?

  • 乾燥肌の日焼け止めの選び方 顔に乾燥を引き起こす5つの原因とは?

  • お風呂の塩素も除去できる入浴剤♪かゆみやアトピーにおすすめ2選

  • マイナチュレのシャンプーが抜け毛にいいって本当?口コミや評判を検証