1. TOP
  2. 子供が発熱した時の受診のタイミングとママがすぐやるべき対処法!

子供が発熱した時の受診のタイミングとママがすぐやるべき対処法!

「熱が出ちゃったけど今すぐ病院へ行った方がいい?」

赤ちゃんや子供が突然熱が出るとすごく心配になりますよね。

ただし、発熱した場合でもすぐに病院へ行った方がいい場合と、家で少し様子を見ていても大丈夫なケースがあります。

特に夜間の急な発熱は急いで夜間外来を受診しなくてはと心配しがちですが、翌日まで待って受診をしても大丈夫な場合も多いものです。

そこで今回は赤ちゃんや子供が発熱した時の受診の目安と家でできる熱の対処法についてお話しします。

Sponsored Link

子どもが発熱したときの受診の目安

%e5%8f%97%e8%a8%ba

ここでは発熱したときの受診のタイミングを緊急度に分けて説明します。

緊急性があり救急車またはすぐに病院へ行った方がいい症状

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a

救急車で病院へ行った方がいい症状

下記の症状が見られたら大げさと思わずに救急車を呼んでください。

急性脳炎や髄膜炎など重篤な病気を起こしている可能性もあります。

  • 意識がもうろうとしている
  • おかしなことを口走ったりしている
  • 1日中ウトウトしている
  • 初めてけいれんを起こした
  • けいれんが起こって唇の色が紫色になっている

 

夜間でも受診した方がいい症状

脱水が進むと意識障害を起こすこともあるので早急に受診が必要です。

  • 水分が十分取れていない
  • おしっこが出ていないまたは量や回数が少ない
  • 皮膚や唇が乾燥している
  • 3カ月未満で熱が38度以上で水分が取れないとき
  • 生後4カ月以上で熱が40度以上あるとき
  • 機嫌が悪い
  • ぐったりしている
  • 食欲がない
  • ひどい下痢がある
  • 吐き気がある
  • ひどい頭痛がある
  • ステロイド剤内服中・免疫不全・悪性腫瘍。先天性心疾患などの治療中で発熱したらすぐに病院に行くように言われている場合
  • 暑いところにいた、または激しい運動の後に発熱した場合

 

 

発熱していてもあわてなくて大丈夫な場合

夜中に受診するほど緊急性はありませんが、症状がつらい時には早めに受診するようにしましょう。

発熱した日の昼間に受診をすればOK

 

  • 熱は38度以上でも水分がちゃんととれている
  • 鼻水や咳や痰など風邪の症状が出ている
  • 耳を痛がる・・(耳鼻科または小児科)
  • 耳から膿のようなものが出たり耳だれがある
  • おしっこをする時に痛がる 全
  • 体に赤味があり蕁麻疹のような湿疹ができている
  • 周りにはしかや溶連菌にかかっている人がいる

 

まずは家で様子を見ても大丈夫

熱が高くても元気があって水分が取れる状態ならまずは様子を見ても大丈夫でしょう

  • 4カ月以上で熱が38度未満
  • 鼻水や咳など風邪の症状がないとき
  • 元気があり食欲がある
  • 水分が取れておしっこも出ている
  • インフルエンザの予防接種のあとの副作用で発熱している場合

インフルエンザの予防接種後の気になる症状については 予防接種の副反応で熱や腫れなど気になる症状と受診のタイミング!をごらんください

インフルエンザが疑われるときの受診の目安

突然、38度以上の高熱が出た場合はインフルエンザが疑われます。

ただしインフルエンザであったとしても、熱が出てすぐに検査をしても正しい結果が出ないことが多いので、発熱してから12時間以降に受診するのがベストです。

 

そして48時間以内にはタミフルなどのインフルエンザ治療薬を服用しないと効果が得られないので受診のタイミングを逃さないように注意しましょう。

もしもお子様がインフルエンザに感染したらママが感染しないように予防することも大切です

 

 

熱以外にもこんな症状がある時に考えられる病気

%e7%97%85%e6%b0%97

 

熱だけではなく以下の症状がありつらそうな時は、早期に治療が必要な場合もあるので、早めに受診するようにしましょう。

 

発疹

 

突発性発疹

はしか

川崎病(目の充血や舌や唇が赤くなる)

水ぼうそう

プール熱

 

目の充血

 

川崎病

アデノウィルス

鼻水・くしゃみ

 

風邪症候群

 

耳が痛い

中耳炎

おたふくかぜ

気管支喘息

風邪

クループ

百日咳

気管支炎

RSウィルス

のどの痛みや腫れ

インフルエンザ

アデノウィルス

嘔吐・下痢

ウィルス性胃腸炎

Sponsored Link



 

子供が発熱した時に家でできる対処法

水分補給

%e8%b1%8c%ef%bd%b4

熱で気をつけたいのが脱水を起こすことです。

脱水予防するために、おっぱい、ミルク、湯冷まし、麦茶、経口補水液やイオン飲料をこまめに上げるようにしましょう。

脱水の目安として

  • おしっこの色がいつもより濃い
  • 尿の量が少ない・回数が少ない
  • 唇や皮ふがいつもより乾燥している

などがあるので注意して観察してあげてくださいね

体温調節

急激に熱が上がり始めている時は寒気を伴います。

この時は熱が高くても体を冷やさず暖かくしてあげましょう。

熱が上がりきって汗をかき始めた時が体を冷やし始めるタイミングです。

布団や洋服などの調整をするとともに、保冷剤などをタオルでくるんで脇の下や足の付け根、首の下など太い血管が通っている場所を冷やしてあげると熱が下がりやすくなります。

 

 

着替え

汗が冷えると体温が奪われて症状が悪化する原因になることもあります。

汗をかいたらこまめに着替えたり、お湯を絞ったタオルでふくようにしてあげてください

 

お風呂

熱があっても元気がありぐったりしていなければ入っても大丈夫です。

ただし体温とあまり差がないように39度くらいのお湯で短時間で上がるように心がげて。

 

食事

%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%82%86

食欲があるようであれば脂っこいものはさけ、消化の良いうどんやおかゆ、おじやなどを食べさせるといいでしょう。

ただし食欲がない時には水分だけしっかりとれていれば無理に食べさせなくても大丈夫です。

 

解熱剤を使用する目安

%e9%9a%97%ef%bd%a3%e8%be%ad%ef%bd%b1

発熱して受診をすると解熱剤を処方されることも多いですね。

解熱剤はたいてい38℃~38.5℃以上の時に使用してくださいとの指示がありますが、発熱自体はウィルスや細菌と戦って免疫をあげるために熱を出して戦っています。

そのため無理に熱を下げる必要はないのです。

ただ発熱によって

  • ぐったりしている
  • 不機嫌
  • 頭痛がつらい
  • 眠れない

など子供がつらそうな症状がある時には十分に休息が取れるように使ってあげましょう。

 

体温ははかる時間や環境によって変わります

%e4%bd%93%e6%b8%a9%e8%a8%88

体温は朝が低く夕方から夜にかけて高くなります。

その差は薬1℃前後あるので、できればはかる時間を統一しておくといいでしょう。

また着るものや室温、布団などの掛物、食事の前後でも変わってきます。

毛布や布団を何枚もかけているだけで大きく変わってくるので注意してくださいね。

まとめ

今回は赤ちゃんや子供が発熱した時に病院へ行く目安を緊急度別でご紹介しました。

大きくまとめると

  1. 食欲がある
  2. 睡眠をとることができる
  3. 元気がある

特に夜間や休日などは慌ててしまいがちですが、このうちのひとつでも当てはまらないなら受診したほうがいいですし、反対に全部当てはまるようであれば慌てて病院へ行かなくても大丈夫なので一つの目安にしていただければと思います。

 

 

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

宮崎ちはる

宮崎ちはる

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【オーガスト・ハーゲスハイマー博士に学ぶ食事と美しさの関係】オーガニックランチョンセミナーに参加してきました

  • 首の湿疹やアトピーの炎症にステロイド以外の市販薬と低刺激の保湿剤

  • 頭皮や肌に優しいアミノ酸シャンプーuruotte(うるおって)をお試し中

  • クレンジングの乾燥に!「24hコスメのナチュラルソープ&クレンジング」

この記事も人気です^^

  • 子供がインフルエンザになったとき親が感染しないための予防対策!

  • 子供が嘔吐した時の受診のタイミングとママがすぐやるべき対処法!

  • 予防接種の副反応で熱や腫れなど気になる症状と受診のタイミング!

  • 子供が下痢の時の受診の目安と家での対処法!下痢が続く6つの原因

  • はしかの抗体検査を受ける前に知っておきたい事!費用もチェック!

  • 【要注意!】砂糖でアレルギーや湿疹やアトピーが悪化する3つの理由