1. TOP
  2. 子供が下痢の時の受診の目安と家での対処法!下痢が続く6つの原因

子供が下痢の時の受診の目安と家での対処法!下痢が続く6つの原因

 2016/12/05 健康
 

子供が下痢になった時1~2回で治まりそのあと元気で他の症状がないようであれば心配することはありませんが、長く下痢が続くときや1日に何回もトイレに行っている時などは病院へ行った方がいいのか迷いますよね。

同じ下痢でも症状によってすぐに病院へ行った方がいい場合と家で様子を見ても心配のない場合があるので今回は子供が下痢の時の受診の目安と家でできる対処法と長引く下痢で考えられる原因についてお話しします。

下痢だけでなく嘔吐や発熱を伴うことも多いです。そのような症状がある時は子供が嘔吐した時の受診のタイミングとママがすぐやるべき対処法!
子供が発熱した時の受診のタイミングとママがすぐやるべき対処法!も合わせて参考にしてください。
 

 

Sponsored Link

子供が下痢を起こした時の受診の目安

%e5%8f%97%e8%a8%ba

緊急性が高く救急車または今すぐ病院へ行った方がいい症状

まずは今すぐに病院で受診した方がいい症状からみていきます。

救急車で病院へ行った方がいい場合

救急車で病院へ行った方がいい理由はすぐに適切な病院で治療が開始できるからです。

多くの場合病院へ行っても待ち時間が凄くて小さな町医者などでは検査の設備が整っていないこともあります。

そこからまた大きな病院へ行って診察を受けると時間がかかり、子供の症状が悪化してしまう可能性もあります。

救急車というと大げさと思われるかもしれませんが、急いで病院へ行く必要がある人のためにあるのですからこのようなときは遠慮しないようにしてくださいね。

どうしても救急車で行くことに抵抗がある場合はあらかじめ病院へ症状を伝えてすぐに見てもらえるか確認をしておくと安心です。

%e6%95%91%e6%80%a5%e8%bb%8a

以下の症状が見られた場合救急車で病院へ行くことをおすすめします。

重度の脱水を起こしていたり腸重積(腸が腸の中に入り込んで腸の機能が働くなる状態)を起こしていることも考えられます。

  • 元気がなくグッタリしている
  • 6回以上の嘔吐やひどい腹痛がある(赤ちゃんの場合火がついたように泣く)
  • おしっこが半日以上出ていない
  • 泣いても涙が出ない
  • 便に大量の血液やイチゴゼリーのような粘液性の便が出る

診療時間外や夜間でも受診した方がいい症状

%e8%9e%9f%e6%86%ba%e4%bf%a3

 

以下の症状が見られた場合は診療時間外でも病院へ行って受診することをおすすめします。

もしも便の色が白っぽかったり、いつもと違うようなら可能であればおむつやナプキンなどに包んでビニールに入れて病院へもっていくと診察がスムーズにいきます。

 

  • 唇や口の中が渇いている
  • 水分を飲んでくれないまたは飲めない
  • 38℃以上の発熱を伴う
  • おしっこの回数が減ったり、色が濃い
  • 白っぽい便が出た
  • おなかを痛がる
  • 黒っぽい便やタール状の便が出た
  • 水のような下痢が半日以上続いている

昼間の受診でOK

  • 下痢の回数が多いがおしっこは出ている
  • 下痢の回数や量は多いが水分が取れて元気はある
  • 慢性的に下痢が続いている

家で様子を見ていてOK

  • 下痢は1~2回で治まりそのほかの症状がなく元気がある
  • 硬い便が出た後に柔らかい便や水っぽい便が出た

下痢止めはむやみに使わない

下痢が起きて何回もトイレに行く子供を見ていると不憫になってつい家にある下痢止めなどを飲ませようかと考えてしまいますよね。

でも、細菌やウィルス性の胃腸炎の場合、体に入った細菌やウィルスを外へ出そうとして下痢が起こっています。

なので薬を使って下痢を止めてしまうと体の中に細菌やウィルスが残ってしまうということになります。

病院へ受診しても処方される薬は下痢止めではなく整腸剤がほとんどです。

家にある下痢止めは自己判断で使わないようにしたほうがいいです。

そして下痢で一番起こりやすく心配な症状としては脱水。

水分が取れていれば多少食欲がなくても心配ありませんが、水分が取れなくて元気がない時と下痢以外の症状がみられる時を受診をする目安にするといいです。

反対に多少下痢が起こっていても元気があって水分が取れておしっこが出ていれば家で様子を見ていても大丈夫です。

Sponsored Link



子供が下痢の時にママができる対処法

%e7%b9%9d%e6%a7%ad%e3%83%bb

 

下痢の時って何度もトイレに行ったり、おしりも痛くなったりとても疲れるんですよね。

そんな時に受診後や家で様子を見るときにママがやってあげられることをまとめました。

水分補給

下痢で失われた水分を補給します。

麦茶や湯冷ましなどなるべく常温の水分をあげるようにしてください。

乳酸菌飲料は下痢がひどい時はかえって下痢を促してしまうこともあるので避けた方が無難です。

もしも水様便が大量に続いている場合はイオン飲料や経口補水液などを飲ませるといいでしょう。

家でも体液に近い経口補水液は簡単に作れます^^

経口補水液の作り方

材料

砂糖 40g

塩 3g

湯冷まし 1リットル

飲みやすくするためにレモン果汁などをたらしてもおいしく飲めます

食事・離乳食

おかゆやおじや、うどんなど消化が良くて暖かいものがおすすめですが、食欲がなければ無理に食べさせなくても大丈夫です。

離乳食を始めてすぐの場合はお休みするといいでしょう。

おなかを温める

おなかをホカロンや湯たんぽなどで温めるとおなかの痛い場合和らぎ楽になります。

おしりのただれ

下痢便はおしりがただれやすく痛がることが多いです。

家にウォシュレットがあればトイレのたびに洗ってあげましょう。

おむつの場合はこまめに変えることはもちろんおしりふきでこすると刺激が強く炎症がひどくなるので、できれば洗面器などにお湯をはってそのつど座浴をしてあげるのがおすすめです。

そのあとはワセリンなど油性の軟膏を塗って保護してあげましょう。

水のような下痢が続くとき

うちの子がノロウィルスにかかった時に水のような下痢が続いてトイレまで間に合わず何度も下着を汚したということがあります。

そんな時は何度も下着を変えるのも子供も大変です。

そこで試したのが大きめの生理用ナプキンを下着に当てておくということです。

そうすると何とかトイレまでは持つので、ひどい水下痢が続いている時は参考にしてくださいね。

Sponsored Link



子供の下痢が続くときに考えられる6つの原因

%e8%8d%b3%e7%8b%97%e9%87%8c

1・消化不良に起こる下痢

便の中に食べたものがそのまますぐ排泄された場合、消化不良を起こしていることが多いです。

風邪などで体力が弱っている時や食べ過ぎなどでも起こることがあります。

そんな時には田舎に優しい消化の良さそうな食事にして様子を見てあげてくださいね

 

2・いつも下痢を起こしやすい反復性下痢症

%e3%82%8d

原因はよくわからないのに普段からお腹をこわしやすく体質的に下痢を起こしやすい子供もいます。

病院で検査をしても特に異常がないといわれることもあります。

原因がはっきりわかっていないので治療法もありませんが、ママもあまり神経質にならずに見守ってあげましょう。

私は俗に言われる過敏性腸症候群で今はかなり改善しましたが、子供の時からよくお腹が痛くなって悩んでいました。

そんな時はおなかを温めてなるべく温かいものを取るようにしてしのいでいましたが根本的には治っていません。

今でも睡眠不足が続いたり、食べすぎたり油の多い食事をした後はお腹をこわすことが多いので、食事は食べ過ぎないように気を付けるようにはしています。

ストレスが原因ともいわれているのでもしも子供が何らかのストレスを抱えているようならストレスを少なくできるように努めてあげましょう。

3・おなかの冷えによる下痢

冷たい食べ物や飲み物のとりすぎ、クーラーに当たりすぎ、プールに入っておなかが冷えるなど、お腹が冷える原因はいくつもあります。

冷えでお腹をこわしやすい場合はなるべく冷たい飲み物は避け常温の水や麦茶に慣れさせるといいです。

ホカロンや腹巻でしっかりお腹を冷やさないように気を付けていきましょう。

 

4・ノロウィルスやロタウィルスの後に下痢が続く二次性乳糖不耐症

激しい下痢を起こすと腸の粘膜が傷ついて乳製品を分解する働きが弱くなって下痢が続くことがあります。

お腹をこわした後は乳製品がよいと食べる場合も多いですが、かえって下痢が続く原因となるのでしばらくは避けた方がいいでしょう。

粉ミルクを飲んでいる場合は乳糖を含まないミルクに変えることで改善することが多いですが、ノロウィルスやロタウィルスの後にダラダラと下痢が続く場合は一度受診することをおすすめします。

5・風邪や中耳炎で抗生物質を飲んだ後に起こる下痢

風邪などで抗生物質などの強い薬を飲んでいる場合、胃腸はダメージを受けやすく腹痛や下痢の原因となることが多いです。

たいてい整腸剤も一緒に処方されることが多いですが、それでも下痢を起こすこともあります。

あまりにもひどい下痢を起こした場合は再受診をしましょう。

まとめ

下痢の時の受診の目安を大きくまとめると、

  1. 他に症状があるかないか
  2. 水分が取れているかいないか
  3. げんきがあるかどうか

この3つのポイントを押さえていくとわかりやすいと思います。

ママも大変だと思いますが体をこわさないようにしてくださいね

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワーキングマム|働くママのための情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

宮崎ちはる

宮崎ちはる

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【オーガスト・ハーゲスハイマー博士に学ぶ食事と美しさの関係】オーガニックランチョンセミナーに参加してきました

  • 首の湿疹やアトピーの炎症にステロイド以外の市販薬と低刺激の保湿剤

  • 頭皮や肌に優しいアミノ酸シャンプーuruotte(うるおって)をお試し中

  • クレンジングの乾燥に!「24hコスメのナチュラルソープ&クレンジング」

合わせて読みたい

  • 予防接種の副反応で熱や腫れなど気になる症状と受診のタイミング!

  • 子供が嘔吐した時の受診のタイミングとママがすぐやるべき対処法!

  • はしかの抗体検査を受ける前に知っておきたい事!費用もチェック!

  • 子供がインフルエンザになったとき親が感染しないための予防対策!

  • 【要注意!】砂糖でアレルギーや湿疹やアトピーが悪化する3つの理由

  • 子供が発熱した時の受診のタイミングとママがすぐやるべき対処法!